見えれば

いい加減にトリコテさんでのレッスンの準備をしないと荷物が送れない。
それはまずい。

行きは一人で新幹線なので、
出来るだけ荷物は少なくしたいもの。



頑張れ、私。



で、予定通り(?)革のお花は荷物に一緒に入れることは出来ませんでした。
まだニスも塗ってないし。苦笑

当日直接持っていきます。すみません。


a0044191_153214100.jpg




明るい黄色のお花で作ったいろいろ。

「これはなんのお花ですか?」とアクセサリーの革のお花を見て
お客様に聞かれることも時々ありますが、
「これ」と決めてるものはほとんどありません。

というか、お花のパターンそんな多くないんです。良く見れば。笑
色や大きさが違うだけで。



見た人がそう見えれば、
マーガレットでもバラでもひまわりでも、なんでもいいです。



作ってみたいな、と思った時に実在するお花を作るかもしれませんが
今のところそんな感じのぼんやりしたスタンスです。

投げやりな感じに聞こえるかもしれませんが、
そういうことではなく、10年続けてきて、「今は」そうしたいと思っています。









MEDERU
[PR]
by mederu12 | 2016-08-09 17:08 | 革のお花のお話 | Comments(0)