ブローチをつけるとき

しばらく革を切る作業ばかりでblog記事に出来るようなこともなく。


で、なにかないかと思っていたんですが、


そうそう。


時々、
「ブローチを付けていたら気付かないうちに落としてしまっていたんです(涙)」
というお声を聞きます。

ホビーショーの時もそういう方がまた私のブローチが欲しい、とわざわざ来てくださいました。
・・・・ありがとうございます(涙)。



SNSなどでも広まっていて、もうご存知の方も多いかと思いますが、
ちょっとしたことで落とすことが少なくなるので、
よろしければ参考にしてくださいませ^^



私が使うのはピアスを台紙にセットして販売するときに
ピアスが台紙から抜けないように使う細いチューブ状になっているゴム。
写真ではブローチのピンの部分に挿しているものです。


a0044191_16381800.jpg
なければ、ピアスのキャッチ(シリコン製のもの)でも大丈夫です。
もしかしたら金属性のピアスのキャッチでもいけるのかも。


a0044191_16382772.jpg

それを、ブローチピンに挿してからピンを留めるだけ。
万が一、何かのはずみでピンが留める部分からはずれてもそのチューブやピアスキャッチがあるため、
洋服などから落ちることが格段に少なくなるはずです。


a0044191_16383806.jpg

順番を間違えないでくださいね。
ピンをお洋服などに通してからチューブやキャッチを通して留める、です。
先にチューブを通してからお洋服に通しても意味なしですよー。



もしブローチをお使いになることがあるときはぜひお試しくださいませ。





MEDERU






[PR]
by mederu12 | 2017-05-21 16:49 | 革のお花のお話 | Comments(0)