2017年 03月 14日 ( 1 )

モッコウバラ

私が両親、特に父から受け継がれなかった才能のひとつがミシンを使う技術。
そしてもうひとつが植物を育てる才能。

どちらもダントツで「MEDERU先生なら出来ないわけがない」と皆さんから言われること。




ううん。出来ないの。
ホントに。


どっちも出来なくても父がしてくれたから、もうやろうとも思わなかった。
スカートの裾上げとか父の方が100倍上手だったもん。笑





そんな父から送りつけられてきたモッコウバラ。


数年前に『モッコウバラの白いの可愛いよねー』とぽろっと言ったのを覚えていたのか、
小さな苗木をせっせと育て、「庭もないし枯らすだけだから」と言う娘の言うことを全く聞かず送ってきました。


「お父さんの形見だと思って」と。
いやいやお父さん、頭の中身はともかく身体が丈夫なのだけが取り柄じゃん。
今までにも「形見だと思って」っていろんなもの送りつけてるよねぇ。数年に渡って。

あなたの娘は、それ全部枯らしてるけど。(爆)



a0044191_16023292.jpg


まぁいいか。父の気がそれで済むのなら。


モッコウバラの白は優しい香りがして好きです。
さて。いつまで枯らさずにいられるでしょう。





MEDERU



[PR]
by mederu12 | 2017-03-14 16:05 | いろんなお話 | Comments(2)